デイリー・ナイト・タブロイド社

boncla.exblog.jp
ブログトップ
2012年 01月 01日

投資券インフォメーション

<インフォメーション>
第9期開始、発売開始しました!

+購入する際の投資券額は今まで通り金貨8枚。
+売却する際の投資券額が金貨6枚になりました。
+新規読者層開拓のため売却投資券額が前期比で落ちております。
+ハーフ&クォーター投資はじめました!(ハーフ:金貨4枚/クォーター:金貨2枚)

弊社の発展に期待していただける懐の広く温かい方々、若手の詩人や小説家を間接的に支援したい方、面白い活字を生み出す力になっていただける方、投資券のご購入をお待ちしております。
ご購入はボーン・クラッシュの私書箱まで。
ご質問、ご意見等もあれば是非。



<第9期 投資情報>
◆購入投資券額:1口金貨8枚
◆売却投資券額:1口金貨6枚
◆発行投資券:150口(5期より50口追加発行)
◆有効投資券:116口(金貨712枚分)
◆大投資主:所有数58口以上(現在0名)
◆第9期発売:4月1日~


投資券額:投資券の額/発行投資券:発行された投資券の数/有効投資券:発行された中で購入された投資券/大投資主:有効投資券の半数以上所有している投資主のこと。経営に参加する権利を持つ。
ハーフ&クォーター投資:投資してあげてもいいけども一気に大金は用意できない…という方のためにご用意しました。ハーフは2回購入で1口、クォーターは4回購入で1口となります。売却は1口からになりますので予めご了承ください。


弊社は資本金が少なくとも会社を運営することができる投資型の新しい経営体制にて取り組んでおります。初めての取り組みで至らぬ点もあるかと存じますが、宜しくお願いいたします。

<投資券について>
購入は1期につき10口まで。
4半期ごと経営状況により投資券の金額は変動し、1口金貨3枚になれば、1口金貨8枚に化けることもあります。投資券の売買は会社の窓口のみとなります。投資券を有効投資券数の半分以上を持っている場合は、経営方針の変更や経営者の交代など指示することができますが、基本的に投資人同士の券の売買は禁止しております。
既に前期に購入済みでも、翌期も10口まで購入することができます。

<4半期>
1期5期 9期 1の月~3の月
2期6期10期 4の月~6の月
3期7期11期 7の月~9の月
4期8期12期 10の月~12の月

<投資券の上手な使い方>
①価格が上がったら売る、下がったら買う、を繰り返して稼ぐ。
→時期を早まると次の期にもっと上がったり、
待ちすぎると下がる時もあるので見極めが必要。
②冒険で一発当てたので貯金のつもりで5口買っておいて、
うっかりカジノなどで掏ってしまったときなどに価格に拘らず換金する。
→持ってる分だけ使い切ってしまうタイプの方にお勧めです。

<価格>
1投資人につき1期に1口~10口まで。
第9期の1口価格は金貨8枚です。

<現況>
☆第9期開始、発売中!!!

<発売期間>
第9期:2月末まで

<投資主特典>
◆デイリー・ナイト・タブロイド無料購読
◆投資主通信&なにかの割引券





①投資券の購入者はその職業如何によって購入の可否を定められるのか?
→特に購入者の禁止事項などは設けておりませんが、健全な商売をしていく関係上、人身・違法薬の売買や犯罪に関わる組織はお断りさせていただきたく存じます。個人に関しましては、調査員などを雇いプライバシーに踏み入るような調査をするつもりはありません。

②購入者の購入後の行動如何によっては会社側から、もしくは第三機関より券の無条件剥奪などはあり得るのか?
→初めての試みなので、どのような事態が起こるのか全く予測不可能です。ありうるかもしれない、という曖昧なお返事でお許しください。

③配当、即ち券の売却のみに関わらず、ある程度の利益を貴社が上げた場合は購入者に対して一定の配当金、もしくはそれに準ずるものが与えられる事は無いのか。
→現在、そこまでの複雑なシステムでは考えておりません。あくまでも「投資券」ですので他国の非常に優れた「KABU」というシステムとよりも単純で投資の意味合いが強くなっています。特典は考えておりますが、金額としてお返しする方法については、商売が軌道に乗ってから考えていければと思います。

以上、商業ギルドより抜粋。
ご協力いただいた方々に、心より感謝申し上げます。
[PR]

by bon-cla | 2012-01-01 00:09 | 投資券について


<< 会社概要      書籍について >>